はじめての布ナプキン☆おすすめ6サイト

HOME > 布ナプキンのおすすめについて > 布ナプキン愛用者がこだわるポイント

布ナプキン愛用者がこだわるポイント

 もしもハンドメイドできるなら、無料で使える布ナプキン型紙や作り方、材料まで掲載されている本やサイトを活用し、オリジナリティーある布ナプキンを製作するのもおすすめです。
着古したシャツやハンカチ、タオルなどの生地をリユースすることもでき、特に国産の質のいい天然繊維は使い古しでも吸収力が高くおすすめです。
布ナプキンは子宮を温めるので、生理痛も楽になり、特有のニオイも気にならず、最近では色んな素材やデザインがあるので、上手に組み合わせる愛用者も増えています。
おすすめされている布ナプキン、愛用者がこだわっている部分はどこなのか、もちろん、第一に素材を上げています。
100%オーガニック、国内生産で高機能にこだわっている布ナプキンは特に人気もあります。
初めてで不安、こうした意見も少なくはなく、まずはお試しとして使い捨てられる布ナプキンがおすすめされています。
もちろん、コットン100%で使い捨て紙ナプキンの上に装着、洗って繰り返し使用はできませんが、紙ナプキンでかぶれたり、肌刺激が気になる女性におすすめされていて、かさばらない1mmシートで、お試しには最適です。

 布ナプキンにこだわる女性の多くは、その使い心地やつけ心地のよさを評価しています。
例えば、ショーツ側と吸収体、肌面の三層構造に仕上げている布ナプキンは人気度も高く、愛用者は増え続けています。
おすすめされている理由は3D立体設計の一体型ナプキンである点で、洗いやすさ、乾きやすさ、さらに使う人を選ばない機能性とデザイン設計も理由のようです。
汚れが集中する吸収面の真ん中の布を分離させた設計、これによって、もみ洗いが大変になる多い日のお洗濯でも、めくりながら汚れをチェックでき、しっかり繊維の奥の汚れまで洗えて、キレイに落とすことができます。
また、分離されていれば、干す時にも通気性がよくなり、早く乾かすことができます。
吸収面の通気性がいいのなら、ムレる心配も少なくなります。

 使いこなせるか不安だった女性にも人気となっている理由は、ショーツ側に機能性布を付けていることで解消されています。
湿気は逃すのに、経血は逃さない、こうした透湿防水布と呼ばれる機能性布ナプキンがおすすめされています。
滲み出ることだけは避けたい、伝いモレは防ぎたい、こうした悩みは生理中には付き物です。
肌に触れる面とショーツ側、あえて異なる機能で作っているのがポイントです。
本来ならば、オーガニックコットン100%で作るのが優しい製法ですが、使い勝手が悪いなら、使えません。
つけ心地が重要な面にはこだわった素材を使うことで、使用頻度も高くなります。
繰り返し洗ってもフワッと感が続き、堤防のような反りや溝をサイドに作って横モレも防止できます。
特に布ナ プキンだからモレやすいという感じがしないのは、交換頻度も紙ナプキンと同じ頻度だからですが、こうしたこだわりからも言える内容です。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP