はじめての布ナプキン☆おすすめ6サイト

HOME > 布ナプキンのおすすめについて > 布ナプキンがおすすめされている理由

布ナプキンがおすすめされている理由

 月経に関する不調を感じている人がとても多く、不調の批評は生理用品にまで及んでいます。
大半の女性が利用しているのは紙ナプキンでしょうし、その一部はタンポンでしょう。
しかし今、ナチュラルなライフスタイルを意識する女性からは、布ナプキンがイチオシされています。
おすすめされる理由を紐解くと、生理中のブルーな気持ちまでが緩和されることが分かります。
何より、冷えが緩和されるため、身体が自然のリズムを取り戻す魅力があります。
身に着けたことなくとも、布ナプキンを使うとほんわか温かいことはイメージが付くはずです。
使い捨ての紙ナプキンは、ケミカル素材なので、直にデリケートゾーンに接すると身体の熱まで奪い、冷えてしまいます。
衣類と同じ、体温を保ってくれるコットン素材でできている布ナプキンなので、お腹、得に子宮の冷えが解消できます。
植物繊維のコットンは、丈夫で安価ですし、保温性にも優れています。
しかも、赤ちゃんの肌着はほとんどがコットン素材なのは体温調整が難しいあかちゃんだから、だからこそ素材選びがポイントになります。
おすすめの理由の1つは、冷えを緩和する内容です。

 布ナプキンがおすすめなのは、子宮の冷えを改善や緩和できる素材から作られているだけではなく、血液循環を改善できるためでもあります。
身体の巡りが善いことは、生理痛や子宮内膜症、不妊症などの予防になる魅力もあり、この点からもおすすめされています。
特に生理痛は、ブルーな気持ちの代表となる悩みの1つ、この痛みにはプロスタグランディンというホルモンが関わっています。
鎮痛剤が必要になる痛みで、加齢によって痛みも増しやすくなります。
他に、ストレスや冷えでも年々生理痛がひどくなることもあるようで、科学的根拠はないにしても、実際、布ナプキンを使った女性が生理痛の軽減、効果を感じているのも事実です。
理由にはやはり、身体を冷やさないことが挙げられています。
ですから、痛みやすい1日目からピークとなる3日間に身に着けることがおすすめされています。

 布ナプキンはエコで、衣類と同じく洗濯をするので繰り返し使えます。
自分の血液量と向き合うことができ、いわゆる健康管理がしっかりできる点でもおすすめされています。
健康的に過ごすと、経血量の多さはともかく、サラッとしたものが出ると言われています。
生理の経血にレバーみたいな塊が混じることもありますが、そうした状態も子宮内膜症などを疑うキッカケになり、大事に至らない、早期発見から治療ができるケースもあるようです。
また、生理中にはムレてかゆみが出てしまい、慢性しっしんになることもあります。
コットンは通気性も抜群ですから、ムレる心配も少なく、敏感肌向けに作られていて、生理中の不快感も軽くなります。
付け心地も普段身に着ける下着と変わらないので、不快感ゼロという女性もいるほどで、おすすめの理由の1つです。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP