アロマテラピーのスクールで学んだことの生かし方

アロマテラピーのスクールで学んだことを生かせる場はたくさんあります。まず、セルフケアとして、自分の体を癒すことができます。スクールで学べば、妊娠中、病気によって使ってはいけない精油も分かるので、間違って自分に合わない精油を使い、身体に害を与えるということがありません。また、セルフケア以外では、赤ちゃんのマッサージに応用して、子供とのコミュニケーションに生かすことができます。介護の現場で働く人は、高齢者に、ハンドマッサージやフットマッサージを施し、介護施設の利用者に喜んでもらうことができます。それ以外にも、パートナーや友人にアロマセラピーの学校で学んだことを教えてあげたり、実際にケアしてあげることで、喜んでもらえるという利点もあります。

アロマテラピースクールで学ぶメリットとは?

アロマセラピストはアロマを使って、身体や心をリラックスさせ、身体の不調を取り除く仕事です。アロマオイルは200~300種類もあり、もたらす効果がそれぞれ違います。アロマセラピーの資格を取った人は美容サロンで働いている人、アロマの良さを広める人、開業してお店を持つ人など、様々な形で活用しています。また、仕事にしなくても、セルフケアに生かす人も多く存在します。アロマセラピーの資格はアロマセラピー検定、アロマインストラクター、アロマヒーリングセラピストなど様々です。これらはすべてが民間資格でこの資格がないとアロマセラピストとして働けないというわけではありません。しかし、学校で学ぶメリットは様々あります。アロマは使い方次第で、人に悪影響を及ぼす場合があり、仕事として活用する場合は学校に通って専門的に学ぶのも損ではないでしょう。

通学、通信、独学、それぞれのメリット、デメリット

学校には通学コース、通信コースがあります。通信講座は、自宅で学習できるので、通学コースに通う時間がない、学校が自宅近くにない、家で落ち着いて学びたいという人に向いています。学校に通わなくても、独学で勉強して資格を取る人もいます。費用は独学が一番安く済みます。書籍と、精油、マッサージオイル、受験料がかかるくらいです。ただ教えてくれる人がいないので、分からないところがあっても自力で解決しないといけないという面はあります。自己管理できる人は、独学でもいいでしょう。学校では、実際に人にトリートメントを施すので、書籍だけでは学べない実践的な知識を学ぶことができます。さらに、自分が実際に仕事としてできるのかを、学校の仲間を見ることで判断することもできるでしょう。多くの学校が体験教室を開催しているので、それに参加してみると、学校に合うのか合わないかを判断する材料になるでしょう。